デジタルトランスフォーメーション(DX)研修

 情報技術の進展により、情報技術を使って製品・サービスやビジネスモデルを大きく変更して競争優位を生み出すデジタルトランスフォーメーション(DX)が注目を浴びています。DXは競争優位を生み出すチャンスであると同時に、いわゆるデジタルディスラプションという新規に出現した競合に全てを奪われる脅威でもあります。

当社では、戦略と情報技術の交錯領域であるDXと、デジタル時代の経営原理をわかりやすく解説し、実際にどのようなDXが可能なのかをクライアントの実態に即して受講生に考えていただく研修を実施しています。以下のような内容について学びます。ビジネスモデルキャンバス(BMC)を社内標準としている企業様のために、BMCとの整合性を取った内容構成となっていますが、前提としてBMCの学習を必要としません。

 

ビジネストランスフォーメンション(DX)研修の内容

  1. DXの意味と重要性

  2. デジタルビジネスの経営原理

    • 提供価値:製品・サービスのデジタル化パターンとマネジメントの提供

    • 集客と顧客維持:顧客近接性の確保とオーケストレーション拡大、顧客流入プロセス設計

    • バリューチェーン:データ活用によるバリューチェーン最適化

    • デジタルに特徴的な仕組み:プラットフォーム

    • 資源:所有権を超えたリソース共有とユーティリティ提供

    • パートナー:エコシステムの設計と形成

    • 決済とプライシング:プライシングモデルと課金プロセス、金融への関与

  3. DXの推進方法

  4. DXを阻害するものとその克服

 

 受講者によるデジタルビジネスの設計のワークショップや演習を行うことが有益です。

 コンサルティング会社、SI企業などでのプロフェッショナル向け研修も受託可能です。

 事業会社様におかれましては、経営企画や事業幹部、情報システム部門の方々で定期的にDXについて話し合う場を持たれるようにすべきで、その設計やファシリテーションも請け負います。


 研修内容の詳細については、弊社にお問合せください。