顧問型コンサルティング

顧問型コンサルティングとは

 顧問型コンサルティングとは、特定の課題にコンサルティング対象を絞らず、真の経営課題を特定し、原因を探求し、解決策を立案、実行するコンサルティングです。コンサルタントが客観的な視点でクライアント(お客様)の経営をサポートします。

 創業者や経営者が医師や技術者、営業マンのようなスペシャリストご出身の場合には、顧問型コンサルティングは特に有効で、コンサルタントが経営全般のアドバイザーとしてバランスの取れた第三者の視点を提供します。顧問型コンサルティングは、中堅企業の経営者の方向いているコンサルティングスタイルです。

​ 既に事業の課題が明確になっている場合は、課題解決型コンサルティングのページをご覧ください。

ご提供できる価値

  • 経営者の気付かない経営的な視点をコンサルタントが提供することにより、経営の健全性を保つことができます。

  • 経営者が経営について相談相手を持つことができます。

  • 経営環境、市場の動向、経営手法のトレンドをコンサルタントを通じて知ることができます。

  • 中堅企業から大企業へと脱皮するにあたり、戦略立案、社内変革、経営の仕組み化することへの助言を得ることができます。

信用できるの?

 コンサルタントの質は客観的に評価しにくいものですが、弊社代表である今枝昌宏は、大手コンサルティングファームで責任者を務め、弊社においても多くのお客様から信頼を得ています。

  • 多くの著作があり、寄稿文のいくつかはネット上でも読むことができますので、事前に思考の品質や考え方について事前にご確認いただくことができます。

  • 多くの教育機関や研究機関の運営に関与していますので、最新の経営知識をアップデートしています。これも、ネット上でご確認いただくことが可能です。

他社と比較した優れた特徴

  • 他社の顧問型コンサルティングにありがちな特定業界を前提とした業務コンサルティングではなく、経営戦略や内部マネジメントのコンサルティングです。これらの手法は業界とは関係ありません。業界特化型のコンサルタントに疑問を感じておられる企業の経営者の方々は特にご連絡をお待ちしています。

  • 中堅企業が大手企業へと脱皮するためには、様々な変革や仕組み化が必要であり、弊社はその過程を伴走することができます。

  • 代表者今枝昌宏を含めて必ず経験ある、ある程度シニアなコンサルタントが担当します。コンサルティング品質としては大手ファームレベル、あるいは大手ファームのコンサルタントよりも経験を積んでいますのでそれ以上の品質を保ちながら、フィーとしてはそのレベルより安価です。

  • その一方で、ロジック(論理)を振り回すようなコンサルティングスタイルでもありません。ロジックはビジネス経験が浅いコンサルタントでも頭がよければ振り回せます。弊社のコンサルティングスタイルは、ロジックや問題解決技術は当然のこととして、その上に経験によって得られた知見やスキルを組み合わせたものです。

  • 大手コンサルティングファームのように若手コンサルタントを補助に使い、彼らのフィーをクライアントにチャージすることはありません。

コンサルティングの進め方

  • 経験あるコンサルタントが関与します。代表である今枝昌宏を含めて、コンサルタントをお選びいただくことが可能です。

  • 1週間~1カ月に1度貴社を訪問し、3時間程度経営者あるいはその部下の方々と面談をしながら、課題発見、原因追及、解決策の立案、解決策の実行についてアドバイスを行います。ご訪問する頻度は、ご相談の上選択していただけます。

まずは、ご相談下さい

 まずは、お気軽にご連絡ください。弊社代表である今枝昌宏がご対応いたします。悩みをお聞かせいただき、どのようにそれを解消できるのかをお話しさせていただきたいと思います。弊社やコンサルティングについての様々な疑問点を解消いただけるのとともに、ビジネスやコンサルティングへの姿勢、人となりをお知り頂きたいと思います。コンサルティングの成否は、経営者や社風との相性の問題でもあり、それを是非事前に確認してください。もちろん、お目にかかることにフィーをいただくことはありません。ご連絡は、以下のボタンを押し、お問合せフォームからお願いいたします。